── books ──

著者 タイトル 出版社 出版年 リンク
玄田有史 14歳からの仕事道 理論社 2005
姜尚中 悩む力 集英社新書 2008
河合隼雄 コンプレックス 岩波新書 1971
河合隼雄 無意識の構造 中公新書 1977
土居健郎 甘えの構造 弘文堂 1971
ハンナ・アレント 人間の条件 ちくま学芸文庫 1994
マックス・ヴェーバー プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 岩波文庫 1989
飯田経夫 経済学の終わり──「豊かさ」のあとに来るもの​ PHP新書 1997
中沢新一 純粋な自然の贈与 せりか書房 1996
マルセル・モース 贈与論 ちくま学芸文庫 2009
ロナルド・ドーア 働くということ──グローバル化と労働の新しい意味​ 中公新書 2005
黒井千次 働くということ──実社会との出会い​ 講談社現代新書 1982
森岡孝二 働きすぎの時代 岩波新書 2005
河合隼雄 働きざかりの心理学 新潮文庫 1995
橋本治 上司は思いつきでものを言う 集英社新書 2004
斎藤環 社会的ひきこもり──終わらない思春期 PHP新書 1998
内田樹 下流志向──学ばない子どもたち 働かない若者たち 講談社 2007
トム・ルッツ 働かない──「怠けもの」と呼ばれた人たち 青土社 2006
Neil Howe, William Strauss Millennials Rising: The Next Great Generation Vintage 2000
玄田有史 仕事のなかの曖昧な不安―揺れる​若年の現在 中公文庫 2005
稲泉連 僕らが働く理由、働かない理由、​働けない理由 2001
西村佳哲 自分の仕事をつくる 文藝春秋 2003
トマス・モア ユートピア 岩波文庫 1957
カレル・チャペック ロボット (R.U.R.) 岩波文庫 1989
石川啄木 一握の砂・悲しき玩具 新潮文庫 1952
小林多喜二 蟹工船・党生活者 新潮文庫 1954
- 心理学辞典 平凡社 1981
村上龍 13歳のハローワーク 幻冬舎 2003
田坂広志 なぜ、働くのか―生死を見据えた『仕事の思想』 PHP文庫 2007
糸井重里 はたらきたい。 東京糸井重里事務所 2008
ルース・ベネディクト 菊と刀 講談社学術文庫 1967
太宰治 人間失格 新潮文庫 1953
田口ランディ モザイク 幻冬舎文庫 2003
木暮太一 僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? 星海社新書 2012
齋藤 孝 働く気持ちに火をつける 文春文庫 2008
星野智幸 俺俺 新潮社 2010
手塚治虫 火の鳥 復活篇 虫プロ商事 1970
諸星大二郎 失楽園 集英社 1978
藤子・F・不二雄 大長編ドラえもん のび太とブリキの迷宮 小学館 1993
安野モヨコ 働きマン 講談社 2004
佐藤秀峰 ブラックジャックによろしく 講談社 2002
山田玲司 絶望に効くクスリ 小学館 2004

 

── movies ──

監督 タイトル 制作年
The Lumiere Brothers “First films” 1895
キング・ヴィダー 『群集 (crowd) 』 1928
チャールズ・チャップリン 『モダン・タイムス』 1936
デイビット・フィンチャー 『ファイト・クラブ』 1999
ケヴィン・スミス 『クラークス』 2001
マイク・ジャッジ 『リストラ・マン』 2001
サム・メンデス 『アメリカン・ビューティー』 2002
アレックス・プロヤス 『i,ROBOT』 2004
川瀬慈 『ラリベロッチ -終わりなき祝福を生きる- 』 2005
西川美和 『ゆれる』 2006
大森立嗣 『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』 2010
李相日 『悪人』 2010
アンドリュー・スタントン 『ウォーリー』 2008
黒沢清 『トウキョウソナタ』 2008
イ・ヘジュン 『彼とわたしの漂流日記』 2001
石井裕也 『川の底からこんにちは』 2010
新房昭之 『魔法少女まどか☆マギカ』 2011
ジェイソン・ライトマン 『マイレージ、マイライフ(Up in the Air)』 2009
ジェームズ・マンゴールド 『17歳のカルテ(Girl, Interrupted)』 1999
成島出 『八日目の蝉』 2009
黒澤明 『生きる』 1952
大森立嗣 『ぼっちゃん』 2013

 

── music ──

  • 『月月火水木金金』
  • nipponia electronica “Robot It”
  • 2 Unlimited “Workaholic” (1992)
  • 斉藤和義 『歩いて帰ろう』 (1994)
  • 宇多田ヒカル『Keep Tryin’』 (2006)
  • 怒髪天『労働CALLING』 (2009)
  • (‘A`) ニートのうた (‘A`) -NEET GENERATION-
  • 残酷なニートのテーゼ
  • 不可思議/wonderboy 『世界征服やめた』
  • WORLD ORDER “MACHINE CIVILIZATION” (2011)

── web ──